トップへ » 歯科矯正・歯列矯正専門の当院の6つの特徴 » 治療の期間・流れ

初期相談最初にお口の検査、写真撮影を行います。

その後、患者さまから気になっているところ、治したいところ、ご質問、ご不安、ご希望等を伺い、写真を見ながら歯並びの状態をご説明し把握して頂き、矯正治療の必要性の有無、メリット・デメリット、大まかな治療法、装置、費用、治療期間等について、しっかりと時間をかけてお話をします。

精密検査一般的な矯正の検査として、歯の型、歯と顔の写真撮影、顎と頭蓋、歯のレントゲン撮影、筋肉の運動、顎運動などを行います。

さらに、当クリニックの特徴として、虫歯菌検査(カリエステスト)、歯周病菌検査を行います。

この検査をふまえ、正しい噛み合わせ、審美的治療結果、お子さまなら成長を予測した矯正の方向性を分析していきます。

オーラルヘルスケアプログラム作成虫歯菌検査(カリエステスト)、歯周病菌検査の結果に基づき、オーラルヘルスケアプログラムを作成します。

患者さまには安心して矯正治療をスタートして頂くために、お口の中の状態に合わせて数度ご来院していただき、虫歯菌の数を減らすために、歯磨きのご指導、歯石やプラークの除去を行っていきます。

詳しい治療方法、使用する装置、治療期間や費用のご説明を詳しく致します。矯正治療費は治療の難易度や期間によって異なります。ご希望に沿ったベストな治療法やお支払方法をご提示します。

診断

診断の結果、ご本人ならびに保護者の方の承諾が得られましたら治療をスタートします。矯正治療は一か月に一度のペースです。お写真やレントゲン、資料などをファイルにしてお渡ししますので、終了までのアルバムとなります。

治療・矯正開始

アフターケア当クリニックでは、矯正治療後の噛み合わせの安定のために、口腔筋機能療法士による口腔筋エクササイズを行います。患者さまの症状によって、矯正治療と平行して行う場合と、治療後に始める場合とあります。

口腔筋エクササイズとは、口腔筋機能療法 【MFT】を用いた、口の周りの筋肉トレーニングと良い歯並びを保つために奥歯でしっかり噛めるようになるために、食事時の姿勢、正しい舌の使い方、飲み込み方などを改善するためのものです。口腔周囲筋(くちびるやほほ、口のまわりの筋肉)や、正しい口腔機能のバランスが悪いと、せっかく矯正治療で歯並びが良くなっても、後戻りしてしまうことがあります。

主なプログラム
食育
咀嚼【そしゃく】:(噛むこと)・嚥下【えんげ】:(飲み込むこと)の際、舌癖【ぜつへき】:(常に口が開いていて舌が出てしまうこと)のために舌が前方に出てしまい、うまく噛めなかったり正しく飲み込めなかったりする状態を見直し、歯並びに悪い影響を与えないような正しい方法を指導します。

姿勢指導
日常の態癖【たいへき】:(指しゃぶり、頬杖、うつ伏せ寝、横向き寝等)がある場合、治療が進まなかったり、歯列が後戻りしてしまうことがあります。 これらを改善し、正しい姿勢を身につける指導を行います。

発音指導
主にサ行やタ行を発音する時の舌の動きを指導します。

矯正医全体の上位一割。「認定医」である院長「矯正歯科」であれば、どこで治療を受けても同じ......そう思っている方はいらっしゃいませんか?そこで歯科矯正医を選ぶ際の判断基準のひとつに、日本矯正歯科学会の"認定医"であるかどうかが挙げられます。

認定医とは、各矯正専門医のレベルに応じて日本矯正歯科学会(日本で最も権威のある矯正学会)が認定している資格です。認定医として認められるには、高い審査基準が設けられており、ハイレベルな技術や、数多くの症例経験が必要となります。そのため現在、「認定医」は矯正治療を行う歯科医全体の約1割しかおりません。

当クリニック院長/坂本紗有見は、もちろん認定医として登録済み。1000件以上の症例経験があり、約20年以上矯正に携わってきた、矯正のエキスパートです。もし、あなたが安心の治療を受けたいと考えているなら、ぜひ当クリニックまでご相談ください。

アンチエイジング矯正見えない矯正痛みの少ない治療
非抜歯矯正を目指す治療の期間・流れ治療例治療中の虫歯予防
小さなお子さまから中高生の矯正子供の予防メニュー
舌のトレーニングデンタルエステサプリメント外来
保険適応の矯正について料金表よくあるご質問医療費控除

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 歯科矯正・歯列矯正専門の当院の6つの特徴 » 治療の期間・流れ


歯科矯正に関する無料カウンセリングや診療予約
2005-2015 歯列矯正・歯科矯正専門の銀座並木通りさゆみ矯正歯科クリニック(東京都中央区銀座7-5-5 長谷第一ビル6階-B