トップへ » 歯科矯正に関するよくあるご質問 » 表側矯正と裏側矯正の違いは何ですか?

歯を動かすためのブラケットいう装置を、歯の表側につけるか裏側につけるかの違いです。
治療中の見た目をどの程度求めるかによって、表か裏かをお選びいただけます。

表側からのブラケットの開発は日々進化しており、見た目も歯の色そっくりで、変色もしないセラミックやジルコニアブラケットを使用しています。スナップやキャップというふたでワイヤーの上を固定すので、さらにワイヤーの隠れる部分が増えます。

しかし、やはり表側に装置が付くことにどうしても抵抗がある場合は裏側(舌側)矯正が有効です。
ただ、デメリットとして、当クリニックの表側矯正治療は、他医院とは異なりオリジナルテクニックにより治療期間がかなり短いため、これに比べると裏側矯正治療では、1年くらいの期間の差は出てしまいます。

費用面は、裏側矯正の方が高くなります。
患者さまの体感として、しゃべりにくい、舌が痛い、食べ物が詰まりやすい、見えにくいので磨きにくい、食べ物の味が楽しめない等の苦労をお聞きします。

無料カウンセリング予約へ


トップへ » 表側矯正と裏側矯正の違いは何ですか?


歯科矯正に関する無料カウンセリングや診療予約
2005-2015 歯列矯正・歯科矯正専門の銀座並木通りさゆみ矯正歯科クリニック(東京都中央区銀座7-5-5 長谷第一ビル6階-B