トップへ » 歯科矯正・歯列矯正専門の当院の6つの特徴 » 治療例

俗に「出っ歯」といわれている症状です。上下のあごの前後関係が原因で生じます。また、原因のひとつに子供のころの指しゃぶりなどの悪いクセによって上の前歯が前に傾いてしまうために、この症状になることもあります。

上顎前突症例 その1上顎前突症例


上顎前突症例 その2上顎前突症例
 

下の歯が上の歯より前に出ている噛み合わせを反対咬合(受け口)といいます。受け口の人は、食べ物がよく噛めないだけでなく聞き取りにくい話し方になります。また、顔つきもしゃくれた感じになり、心理面に悩む方も少なくありません。とはいえ矯正治療を行えば、大きく改善することができます。ただし、骨の成長が大きくなりすぎると、歯並びを治すだけではなく、外科手術を伴った矯正治療が必要となります。

反対咬合 その1
反対咬合症例


反対咬合 その2
反対咬合症例
 

あごが小さい・歯が大きすぎるために、歯がねじれて生えていたり、重なって生えている症状を叢生(そうせい)といいます。歯がでこぼこに生えているため、ブラッシングしても磨ききれず虫歯や歯周病を招きやすくなります。

叢生症例 その1
叢生症例


叢生症例 その2
叢生症例
 

幼児期の指しゃぶりなどの悪いクセやあごの骨の発育方向がよくないときに起こる症状です(開咬といいます)。多くの場合、サ行・ラ行をうまく発音できない、食べ物をよく噛めないなどの症状を伴います。多くの場合、開咬の患者さまは「舌を歯の間から突き出す癖」を持っています。患者さまによっては、トレーニングで癖を治せば、歯並びを改善できる場合もあります。舌のトレーニングで癖を治しながら、歯並びを改善していきます。

開咬 その1
開咬症例


開咬 その2
開咬症例

アンチエイジング矯正見えない矯正痛みの少ない治療
非抜歯矯正を目指す治療の期間・流れ治療例治療中の虫歯予防
小さなお子さまから中高生の矯正子供の予防メニュー
舌のトレーニングデンタルエステサプリメント外来
保険適応の矯正について料金表よくあるご質問医療費控除

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 歯科矯正・歯列矯正専門の当院の6つの特徴 » 治療例


歯科矯正に関する無料カウンセリングや診療予約
2005-2015 歯列矯正・歯科矯正専門の銀座並木通りさゆみ矯正歯科クリニック(東京都中央区銀座7-5-5 長谷第一ビル6階-B